自然素材の家って?

Living room - Interior Design Services

皆様は、自然素材の家って?よく聞きますよね?最近は、カタチを変えフローリング材キズ加工やヘリンボーンやパーケットも出てきて、壁や天井ではアメリカのミルクペイントや、ヨーロッパの漆喰や…

ライフスタイルの見える素材の家を考えた時、どういう営業さんに勧められたいですか?化繊のスーツを着たバリバリの営業マン。または、小汚いですが、アジのあるデニムにオックスフォードシャツに三つボタンジャケットの営業マン。服の素材、経年変化としては、後者です。前者は、既製品だらけの住宅と一緒ですよね? スーツは、汚れが落ちやすく、機能性に優れてますが、劣化は早いですよね?

だいたい、服の味わいを知ってる方は、木や紙、土の経年変化も知ってますよね。家の素材のこともちゃんと考えてくれるかも?昔の人達は、和の素材の服を着て、素材だけで出来た家に住んでましたよね?現代だから、省エネ、耐震性と構造や外皮計算は、大切です。しかし、インテリアと家具、雑貨まで拘れるのは予算上難しく思いますよね?

ブックシェルフ

古き良きものと、リサイクルショップの掘り出し物でも、似合うものがあれば、使えますよね。だいたい古いものは、素材で出来てます。

ずーっと、住む家のことですから、少し”素材”に拘ってみましょう!営業さんの格好も少し気にしましょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました